何がいいの?プラントの施工管理の仕事のメリットとデメリット

プラントの施工管理の仕事とは

プラントの施工管理の仕事とは、工場や製造設備などといった規模の大きな設備であるプラントを建築する際に、その管理をする仕事のことです。建築の原価を把握し、工程を管理して、計画通りに仕事が進むように段取りを組むことも仕事に入ります。非常に規模の大きなプロジェクトであるため、施工管理の仕事は非常に重要となります。建築業務をはじめとして、設計と製造、検査、試運転などのすべての工程にかかわることが多く、予算の決定から安全管理まで多種多様な仕事があることが特徴です。

施工管理の仕事のメリット

プラントの施工管理の仕事のメリットのひとつが高い給与水準であるということです。施工管理の仕事はプラント建設において要の仕事といえます。仕事内容も幅広く、責任も重いため、その分給与は高くなります。また、幅広い人々と接することができるという点もプラントの施工管理のメリットです。プラント建設では、建築現場の人ばかりではなく、電気系統の専門家など様々な分野の人々が集まり、施工管理者はそのそれぞれとコミュニケーションをとってまとめなくてはなりません。多種多様な人と接して、人脈を広げることが可能です。このほか、キャリアが積みやすい点もメリットといえます。経験を積めば積むほどキャリアアップできます。

そして、後世に残るやりがいのある仕事という点もメリットです。

施工管理の仕事のデメリット

デメリットのひとつが残業が多く休日が少ないということです。施工管理の仕事は、工期厳守が大前提となっており、雨天などで予定がずれると残業や休日出勤も多くなります。また、プレッシャーも強いです。調整役をすることが多いので、板挟みになることも多く、きつい仕事といえるでしょう。

プラントの派遣は、機械や化学をメインに扱うメーカーで需要が高まっており、機械設備の設計や運用、保守まで対応できる人材が必要とされています。