プラント施工管理ってどんな仕事?その業務内容や必要なスキルについて

プラント管理の仕事内容・役割

プラント施工管理の主な仕事内容は工場・製造設備の設計をはじめ、安全管理・品質検査や設備のメンテナンスなど多岐にわたります。工業に必要な資源や資材を製造する複合設備をプラントと呼び、そのメインとなる設備だけでなく工場や周辺機械の設計・建設も手がけます。ただ設計するだけでなく、設備・機械の特性を把握した上でさらにクライアントの要望を汲み取りながら計画する能力も必要です。計画が決定して施工が開始された後も、作業員への指示やスケジュール管理などさまざまな業務を担います。

設備を建設し、クライアントが使用するにあたって安全管理および品質検査は欠かせません。巨大な設備が多く、操作の際に危険を伴う場合もあるため非常に重要な仕事です。また設備が完成して稼動した後も定期的にメンテナンスを行ったり、資材および資源の製造の品質に問題がないかをチェックする必要があります。

プラント施工管理に必要なスキル

プラント施工管理には専門分野であるプラントに関しての知識に加えて、通常の施工管理としてのスキルも求められます。人件費や材料費などの費用を管理する能力、納期までに作業を完了するためのスケジュール管理能力が該当します。設備には性能だけでなく強度も重要視されるため、建設物に最適な資材を選ぶ品質管理能力も必要です。また設備の建設は危険が伴うため、現場で事故が起きるのを未然に防ぐ安全管理能力も欠かせません。

設備の計画や建設だけでなく、さまざまな業務に携わるため高い対応力が要求されます。クライアントの要望と設計者の意見を擦り合せつつ計画をまとめたり、建設作業中の現場管理や周辺住民への配慮など業務は多岐にわたるからです。

プラントの施工管理は専門性が高く、一般的なゼネコンや設備業者では対応しきれない場合もあり、製品の品質に問題が発生すれば大きな問題です。専門業者を確保することが重要です。